コミュニティダンス・ファシリテーター養成スクール

英国発、社会とダンスをつなぐ人のための集中プログラム

ネットワーキングイベントDプログラム プレゼンター決定!!

ネットワーキングイベント、Dプログラムのプレゼンター決定いたしました!

コミュニティダンスファシリテーター養成スクールの受講生は全国各地で活動をしています。各地で今どんなコミュニティダンスの活動がおこっているのか。リアルな現場の声をぜひお聞きください!


*順不同。掲載順と発表順は異なります

ダンスと地域の新しい関係 千代その子(一般社団法人ダンストーク

シニアのパフォーミングアーツグループ"TACT"の活動について 清水帆波(NPO法人allet Noah)

ドルタカラバコ ~小さなコミニティーダンスの祭典~ 市川 まや、髙田 育子(Kyoto Dance Exchange)

知的障害者の余暇活動、区の事業におけるコミュニティ・ダンスの取り組み例

~個人の活動経緯と現在の問題点~ 髙橋陽子

生前葬公開パフォーマンス「Enjoy Death(仮) 髙田 育子

人とつながる、社会とつながる~Big Family Tokyoの活動について~ 吉福敦子(Big Family Tokyo)

オドリバ」活動記録 2016-2018 高橋千尋(オドリバ)

CO LA/さまざまな場におけるコミュニティダンス in 札幌 堀内まゆみ

 

 Dプログラム

「スクール受講生の活動報告プレゼンテーション&グループトーク

4月28日(日)

13:00〜15:00 活動報告

15:15〜16:30 グループトーク 16:30〜17:00 全体トーク

 

ネットワーキングイベントの詳細はこちら

 

cdfs.hatenablog.com

https://cdfs.hatenablog.com/entry/2019/03/08/180845

スクール関連企画<2> Big Family Tokyoワークショップのご案内

Big Family Tokyoは当スクールの関東の受講生によるグループです。

ワークショップやシンポジウムの企画、運営やスクールの制作協力などを行なっています。
2019年4〜5月のコミュニティダンス・ファシリテーター養成スクール2018の関連企画としてワークショップを行います。

詳しくこちらを▶︎BIG Family TOKYO - ホーム | Facebook

 

Big Family Tokyo×多摩六都科学館

■ダンス de カガク 楽しく動いて背すじピン!
 2019年5月25日(土)10:00〜11:30
 会場;多摩六都科学館

・対象:小学生 ・定員:20名 ・参加費:入館料のみ

どのようにしたら美しく、かっこよく歩くことができる?たくさんカラダを使って遊びながら、その仕組みをさぐってみよう。

■ダンス de カガク 大人のためのカタのほぐし方
 2019年5月25日(土)13:00〜15:00
 会場;多摩六都科学館

・対象:18歳以上 ・定員:20名 ・参加費:入館料のみ

肩こりはどうしておこるのでしょう。
その仕組みを知り、カラダをほぐすダンスでコリ知らずを目指してみませんか?

 

お問い合わせ・お申し込み

ダンス de カガク 楽しく動いて背すじピン!―イベント詳細|多摩六都科学館 

ダンス de カガク 大人のためのカタのほぐし方―イベント詳細|多摩六都科学館

 

共催:多摩六都科学館
協力:明治薬科大学セルフメディケーション学研究室

 

Big Family Tokyo×tagayaso○○

身体表現ワークショップ第一弾

 

■春野菜のキッシュをアートに作って食べて表現する会

【セタガヤ里山食堂×tagayaso生活とアート】
 2019年4月7日(日)10:30〜15:30

■ホスト(ファシリテーション
Big Family TOKYO 吉福敦子
■場所
タガヤセ大蔵 世田谷区大蔵5-14-6ホワイトつかさ1階
■参加費
大人2000円、中高生500円、小学生以下、75歳以上無料
■申し込み
tagayasooo(オー3つ)@gmail.com

■定員20人
詳細 tagayaso○○

 

身体表現ワークショップ第二弾

 ■リメンバーミー!〜子どもの頃の宝物を工作とダンスで思い出す

【tagayaso生活とアート】
 2019年5月6日(月祝)13:00〜16:00

■ホスト(ファシリテーション
Big Family TOKYO とだかほ
■場所
タガヤセ大蔵 世田谷区大蔵5-14-6ホワイトつかさ1階
■参加費
大人1000円+材料費500円、中高生500円(材料費のみ)、小学生以下、75歳以上無料
■申し込み
tagayasooo(オー3つ)@gmail.com

■定員20人
詳細 tagayaso○○

 

身体表現ワークショップ第三弾

 ■サンドイッチンピック開催!〜サンドイッチと声とからだの競演、響宴、共縁

【セタガヤ里山食堂×tagayaso生活とアート】
 2019年5月6日(月祝)13:00〜16:00

■ホスト(ファシリテーション
Big Family TOKYO たかはしちひろ
■場所
タガヤセ大蔵 世田谷区大蔵5-14-6ホワイトつかさ1階
■参加費
大人1000円+材料費500円、中高生500円(材料費のみ)、小学生以下、75歳以上無料
■申し込み
tagayasooo(オー3つ)@gmail.com

■定員20人
詳細 tagayaso○○

ネットワーキングイベントAプログラムゲスト決定!

ネットワーキングイベントAプログラム、第一部のゲストが決定いたしました。

はじめに、当スクールのアドバイザーでもある稲田奈緒美氏に「コミュニティダンスについて」のレクチャー。

そのあとに、障害児入所施設・友愛学園の石川氏と、NPO法人 芸術家と子どもたちの中西氏をお招きし、子供たちを支援する制度と現状についてお伺いした後、当施設で3年間行われているワークショップについてお話しいただきます。

 

石川淳 [いしかわ・じゅん 社会福祉法人友愛学園 児童部 副施設長]

f:id:jcdn:20160417154821j:plain

東京都出身。東京都青梅市に本部を置く、社会福祉法人友愛学園に勤務(12年目)。「障害のある人が安心して暮らすことができ、希望に満ちた生活ができるように、愛と信頼と行動で支援します。」を法人理念に児童から成人まで、8拠点の施設を運営。入職より、児童施設一筋で現在、副施設長と児童発達支援管理責任者を兼務。大人に向けてのステップを子ども自身が実感しながら成長できることをモットーに、子どもや保護者へより添うことを心がけています。

 

中西麻友 [なかにし・まゆ NPO法人 芸術家と子どもたち 事務局長]

f:id:jcdn:20180124162956j:plain

NPO法人 芸術家と子どもたち 事務局長。1980年大阪生まれ。成安造形大学デザイン科写真クラス卒業。2006~08年大阪市内の小学校に教諭として勤めた後、1年半のイギリス留学を経て、2011年3月入局。2018年4月より現職。ワークショップ・コーディネーターとして、学校(特別支援学級含む)や幼稚園、保育園、児童養護施設、障害児入所施設等で、現代アーティストと子どもたちが出会う場づくりを行なっている。

 

稲田奈緒美 [いなた・なおみ 舞踊評論]

f:id:jcdn:20040408183620j:plain
幼少よりバレエを習い様々なジャンルのダンスを経験する。早稲田大学第一文学部卒業後、働きながら趣味で踊っていたが、舞踊を研究したいと一念発起。早稲田大学大学院文学研究科修士課程、後期博士課程に進む。博士(文学)。現在はバレエ、コンテンポラリーダンス、舞踏、コミュニティダンスなど幅広いダンスの理論と実践を結ぶ研究、教育、評論に携わっている。桜美林大学芸術文化学群演劇・ダンス専修准教授。

ネットワーキングイベントBプログラム ファシリテーターをご紹介します。

コミュニティダンス・ファシリテーター養成スクールのアドバイザーでもある5人のファシリテーターをご紹介いたします。

この5人が一堂に会してのワークショップはまたとない機会です。みなさま、ふるってご参加ください。

 

B-① 「親子ダンスでハッピータイム🎶」

マニシア[振付家・ダンサー]

f:id:jcdn:20180810174007j:plain

1989年NYでの臨月ダンスパフォーマンス以来コミュニティダンスを開始。2005年よりヨーロッパ各地でのECArTE開催地でWSおよび医療におけるダンス作品の発表を継続。2011年より不登校生たちとイギリスで交流公演を継続。2014年PEOPLE DANCINGウェールズへ招聘を受ける。2016年パーキンソン病の人々とDance for PD Japan パーフェクトダンスを結成。

 

B-②「しげやんと行く!おどる世界旅行★」
北村成美[きたむら・しげみ 振付家・ダンサー]

f:id:jcdn:20190309233115j:plain

なにわのコリオグラファー・しげやん。「生きる喜びと痛みを謳歌するたくましいダンス」をモットーに国内外でソロダンス作品を上演するほか、日本各地でコミュニティダンス作品を発表。小・中・高校・特別支援学校、ショッピングセンター、ご家庭の居間、電車、バスなど、あらゆる場を劇場とする。2004年より障がいのあるダンサーたちと舞台をつくる「湖南ダンスカンパニー」のディレクターを務め、初のフランス遠征を果たす。


B-③「ソケリッサと踊ろう!」

アオキ裕キ[あおき・ゆうき 振付家・ダンサー]

f:id:jcdn:20170129190850j:plain  写真:Adam Isfendiyar

兵庫県出身。テーマパークダンサー、タレントのバックダンサー業などを経て 2001年NY留学時にテロと遭遇。帰国後、自身の根底を追求。「今を生きる身体から生まれる踊り」を求め2005年ビッグイシューの協力とともに路上生活経験者と集い、ダンスグループ「新人Hソケリッサ!」を開始。近年では金沢21世紀美術館 金沢フリンジ2016~2017、山形ビエンナーレ2016、など芸術祭にも多数参加。

 

新人Hソケリッサ!

2005年ビッグイシューの協力とともに路上生活経験者と集いダンスグループとして開始。リオデジャネイロ2016オリンピック・パラリンピック競技大会の公式文化プログラム、「セレブラ」の一環として、ホームレスとアートをテーマにした国際交流事業「Uma So Voz(英語名With One Voice)」に招聘される。コニカミノルタソーシャルデザインアワード2016グランプリ受賞。

 

B-④「ダンスに元気をもらいましょう!」

隅地茉歩[すみじ・まほ 振付家・ダンサー]

f:id:jcdn:20180710115659j:plain  写真:平野愛

セレノグラフィカ代表。高校の国語教師在職中にダンスと出会い、その後国内外で研鑽を積む。不思議で愉快な作風、緻密な身体操作が持ち味。ワークショップやアウトリーチのナビゲーターとしての仕事も多く、地域滞在型の作品創作も多数にのぼる。TOYOTA CHOREOGRAPHY AWARD2005 にて、グランプリに当たる「次代を担う振付家賞」受賞。大阪国際大学京都精華大学非常勤講師。

 

B-⑤「ほぐす・つながる・つくる〜からだを奏でて遊びましょう!」

新井英夫[あらい・ひでお 体奏家・ダンスアーティスト]

f:id:jcdn:20180710115611j:plain

演劇活動を経て、自然をお手本に力を抜く身体メソッド「野口体操」を創始者野口三千三氏より学び、のち独学でダンスを始める。国内外での公演活動と併行して、乳幼児から高齢者までを対象に「バリアフリーな身体表現とコミュニケーション」のワークショップやアウトリーチを日本各地で実施中。国立音楽大学立教大学非常勤講師。近年は親子向けのパフォーマンス作品の創作上演にも積極的に取り組んでいる。

ネットワーキングイベント2019「ボーダーを超える」 開催いたします!

コミュニティダンス・ファシリテーター養成スクールin東京 関連企画

ネットワーキングイベント2019「ボーダーを超える」
日時:2019年427日(土)・28()

会場:新宿NPO協働推進センター (新宿区高田馬場43612)

・JR山手線高田馬場』駅より徒歩15分

ネットワーキングイベント2019は、コミュニティダンス・ファシリテーター養成スクール2014-2018で出会った受講生同士の情報交換やスキルアップの場であると同時に、受講生に限らずコミュニティダンスに関心を持つ方も交えて、共通の目的や課題を持つアーティスト同士が互いのネットワークを形作ること、またコミュニティダンスの概念や社会的意義を広めることを目的に、今年初めて開催します。

キーワードは「ボーダーを超える」。ミーティング、ワークショップ、事例報告などを通して参加者全員で考えます。今後もテーマを変えながらシリーズ化して続けていきます。社会とダンスのつなぎ手となる全国のファシリテーターとともに、今後の日本のコミュニティダンスにおける新たな可能性を切り開いていきたいと考えています。ぜひご参加ください。

 

■プログラム

A「ネットワーキング・ミーティング#1 障がいのある子どもたちとダンス」

4月27日(土) 13:00-15:30  会場:501会議室

 第1部

はじめに:「コミュニティダンスについて」稲田奈緒美(舞踊評論)

レクチャー&事例報告:

「障害児入所施設の制度と現状」石川淳(社会福祉法人友愛学園 児童部 副施設長)

「友愛学園でのダンスの取り組み」中西麻友(NPO法人 芸術家と子どもたち 事務局長)

第2部

ディスカッション:「いろいろな特徴をもった子どもとダンスの化学反応」

スピーカー/第一部のゲスト+新井英夫、北村成美、隅地茉歩、マニシア、アオキ裕キ

 

いろいろな特徴を持った子どもがダンスに触れることでどのような可能性が開けるのか?

ゲストに障害児入所施設・友愛学園の石川氏と、NPO法人 芸術家と子どもたちの中西氏をお招きし、子供たちを支援する制度と現状についてお伺いした後、当施設で3年間行われているワークショップについてお話しいただきます。

後半は、日本各地の特別支援学校、就労支援施設等でダンスのワークショップを行っている5名のアーティストの実例を参考にしながら、会場の皆さんも交えてディスカッションを行います。

 

B「コミュニティダンス・ワークショップ」

4月27日(土)  

①「親子ダンスでハッピータイム🎶」10:30〜11:30  会場:1階多目的室

 ファシリテーター:マニシア 対象:親子、家族  定員:30名

育児中のママやパパ、毎日お疲れ様です。例えば、日頃の「疲れ」をダンスで表現してみると不思議と笑ってしまいたくなる、そんなひとときを過ごしませんか? 歌って踊って親子でハッピーな気分を味わいましょう。

 

 ②「しげやんと行く!おどる世界旅行★」16:00~17:00  会場:1階多目的室

 ファシリテーター:北村成美 対象:障がいのある方 定員:30名

空飛ぶ椅子に乗ってさあ出発!水たまりも渋滞もしがらみもボーダーもバリアも年齢性別国境障がい肩こり腰痛全て飛び越えて行こう!あなたが進んだ足跡が、ほら!ダンシング!!

 

 ③「ソケリッサと踊ろう!」16:00~17:00  会場:2階多目的室

 ファシリテーター:アオキ裕キ 対象:小学生―中学生 定員:30名

路上生活経験者のダンスグループ新人Hソケリッサ!と踊りたい子どもたち募集!

やさしいおじさんたちと共に、創造の時間を過ごしましょう。 親子での参加も可。お待ちしています。

 

 ④「ダンスに元気をもらいましょう!」17:30~18:30  会場:1階多目的室

 ファシリテーター:隅地茉歩 対象:どなたでも 定員:30名

ダンス経験は問いません。身体をゆるめる気持ち良さ、ふだん何気なくやっていることもダンスになる不思議さ、誰かと一緒に身体を動かして息が合った時のうれしさ。いろいろ味わって、ちょっと元気になりませんか?

 

 ⑤「ほぐす・つながる・つくる〜からだを奏でて遊びましょう!」17:30~18:30

 ファシリテーター:新井英夫 対象:どなたでも 定員:30名 会場:2階多目的室

ダンスの経験があってもなくてもOKです。教育や福祉の現場でバリアフリーに実践してきたプログラムを紹介します。からだをほぐして、余計な力を抜いて、相手との関係の中から生まれる「即興自由形ダンス」を言葉を使わない”おしゃべり”のように楽しみましょう!

 

当スクールのアドバイザーでもある5名のアーティストがファシリテートします。ダンス初体験という方、もちろん大歓迎。また、ダンスの指導者・ファシリテーター経験者のみ、全プログラム参加可能です。希望の方は、その旨を申し込み時にお知らせください。

※各ワークショップとも、スクール受講生も参加します。

ファシリテーターのプロフィール

https://cdfs.hatenablog.com/entry/2019/03/09/234655

からご覧ください。

 

C「ネットワーキング・ワークショップ#1 異ジャンルのアーティストとのエクスチェンジ」

4月28日(日)10:00〜12:00  会場:1階多目的室

ナビゲーター:中津川浩章(美術家)

コミュニティダンス・ファシリテーターはダンスのワークショップのファシリテートを行いますが、創作のきっかけとして音楽や言葉、絵を用いることもあります。このネットワーキング・ワークショップは、ワークショップのファシリテートに関する異ジャンルのアーティスト同士のエクスチェンジの機会として設けました。第一回は美術家の中津川浩章さんのワークショップと交流会です。音楽や演劇などの経験者も大歓迎です!

 

〈中津川浩章〉

美術家・画家として記憶・痕跡・欠損をテーマにブルーバイオレットの線描を主体としたドローイング・ペインティング作品を制作。国内外で展覧会多数。アートディレクターとして障害者のためのアートスタジオディレクション、アールブリュットの展覧会キュレーション、あらゆる人を対象としたアートワークショップ、講演、ライブペインティングなど、アート、福祉、教育とさまざまな分野で社会とアートの関係性を問い直す活動を行っている。NPO法人アール・ド・ヴィーヴル、NPO法人エイブルアートジャパン、一般社団法人ゲットインタッチ理事、一般社団法人Art Inter Mix代表。元和光大学非常勤講師。

 

D「スクール受講生の活動報告プレゼンテーション&グループトーク

4月28日(日) 13:00-17:00  会場:1階多目的室

(13:00~15:00 活動報告/15:15~16:30 グループトーク 16;30〜17:00全体でトーク 予定)

全国各地で活動を行うスクール受講生の活動内容を、写真や映像を交えてプレゼンテーションします。後半はテーマ別にグループに分かれて、課題や情報交換を行うトークタイムの場とします。いま、日本各地でどのようなコミュニティダンスの活動がおきているのか? 一般の方もぜひご参加ください。

※プレゼンターは、決定次第、このHP等でも公開いたします。

 

■参加費

【一般】Aプログラム 2,500円/B・Dプログラム 各2,000円

    Cプログラム 3,000円(材料費込)

    Bプログラム通し 5,000円

    27日(ABプログラム)通し 7,000円

【高校生以下・障がいのある方】 各プログラム500円(B-①は、乳幼児無料)

【2日間通し(スクール受講生のみ)】 10,000円

※各プログラムにはスクール受講生も参加します。

 

■申込・購入: 以下よりお申込みの上、ご購入ください。

※各プログラムともに定員になり次第〆切します。

 

■問合 コミュニティダンス・ファシリテーター養成スクール事務局(藤井、神前)

Mail : cdfs.info★gmail.com(★を@に変換して送信ください)

 

主催:コミュニティダンス・アソシエーション・東京、NPO法人ジャパン・コンテンポラリーダンス・ネットワーク(JCDN)

助成:アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団

f:id:jcdn:20180803191456j:plain

2018年度スクールは終了しました! 次はネットワーキングイベントを行います。

2018年度のコミュニティダンス・ファシリテーター養成スクールは終了しました。次回の開催日程については、しばらくお待ちください。また、2019年4月28日・29日(土日)にスクールの関連事業としてネットワーキング・イベントを関東で行います。一般参加可能なプログラムも準備中。詳細決まり次第、当ホームページ等でお知らせします!

f:id:jcdn:20181125125731j:plain

2018基礎コース

f:id:jcdn:20181125125206j:plain

2018応用コース

f:id:jcdn:20181125173721j:plain

2018全員集合!





【公開講座】社会とダンスをつなぐコミュニティダンスの今

>>11月22日―25日の4日間、森下スタジオで行われる「コミュニティダンス・ファシリテーター養成スクール2018」。関東での初開催を記念し、本スクールのトークセッションを特別に一般公開します。お気軽にご参加ください。<要申込>

 

講座1 オープニングレクチャー 「日英のコミュニティダンスの今」 

20181122日(木) 19:00-21:00  *日本語通訳有

第一部 英国の現在のコミュニティダンスシーンについて 

    講師:ダイアナ・アマンズ、セシリア・マクファーレン

第二部 日本のコミュニティダンス総論  

    講師:稲田奈緒美(舞踊評論)   

ナビゲーター:佐東範一(JCDN

 英国のコミュニティダンスは、1976年頃から盛んに行われるようになり、1990年代以降のブレア政権下で急速に発展しました。本講座では、約40年間にわたり、英国のコミュニティダンスシーンをリードしてこられたダイアナ氏、セシリア氏に、40年を経た現在のコミュニティダンスシーンについて、各々の活動事例とともにお話しいただきます。舞踊評論家の稲田氏による、日本におけるコミュニティダンスの最新のレクチャーと合わせて、2時間で分かる日英のコミュニティダンスの今を、お聞き逃しなく!

 

講座2 レクチャー「ダンスの歴史」「アーティストの活動を広げるために、何をすればよいのか」 

20181124日(土) 16:15-17:45  ※AとBは同時開催。どちらかに参加ください。

A 「ダンスの歴史」 講師:稲田奈緒美  

B 「アーティストの活動を広げるために、何をすればよいのか」 講師:佐東範一

 コミュニティダンス・ファシリテーターのための2つのレクチャーを公開します。A「ダンスの歴史」はコミュニティダンスが生まれた背景である現代のダンスについて、主に60年代以降の日本の舞踏からコンテンポラリーダンスまでを総括するレクチャー。B「アーティストの活動を・・」は、現在ダンサー、ダンスアーティストとして活動を行われている方が、活動をコミュニティなどに広げていくために、手掛かりとなる資金調達やセルフマネジメントについてのレクチャー&ディスカッション。

 

講座3 プレゼンテーション・トーク 「日本のコミュニティダンス最前線!」

20181124日(土) 18:00-19:30   

プレゼンター: アオキ裕キ、新井英夫、北村成美、マニシア

 当スクールのアドバイザー陣による、最新の活動事例を、映像や写真を交えてお聞きします。ダンスの参加者は、路上生活者、障がい者、高齢者、不登校児、パーキンソン病患者など。今、日本でどのようなアーティスト発信のコミュニティダンスプロジェクトがあるのかを駆け足で知る1時間半! 

★終了後、スクール受講生、講師との交流会あり(別途参加費をいただきます)

 

会場: 森下スタジオ (〒135-0004 東京都江東区森下3-5-6)

料金: 1講座1,500円 3講座4,000円 (JCDN会員 1講座1,000円) 

申込: 以下のグーグルフォームよりお申し込み下さい。

docs.google.com

 

問合: コミュニティダンス・ファシリテーター養成スクール事務局 

    Mailcdfs.info★gmail.com ★を@に変えて送信ください

 

※各講師のプロフィールは、当サイトの講師紹介ページからご覧ください。

※森下スタジオ内のどのスタジオで行うかは、当日会場にてご案内いたします。
※Q&Aは、時間の都合上スクール受講生を優先する場合があります。予めご了承ください。

※他のセッションは非公開です。見学はご遠慮いただいておりますので、ご了承ください。